老後の生活を悩まず過ごしたい

若い時は老後など遠い話でしたが、今、60歳を超えると嫌でも考える様になります。勿論健康でなければなりませんが、健康を害すれば夢も叶わない事になります。

昔から老後は夫婦で日本の山岳地帯を巡る旅をしてみたいと思っていました。

40代50代の人から見れば60を過ぎると何となくおじいさんの様に見えると思いますが60代でも精神年齢はとても若いのです。こ

こから10年20年と生活が在るのです。中には何もしないで収入が在りのんびりと生活している人も居ると思うのですが最高ですね。

例えば、60歳を過ぎて将来が不安な人はとても多いと思います、一つ夢が叶うとすれば突然お金が舞い込む事、宝くじに当選し足り、会った事も無い人がいきなり親戚だと言い財産分与など様々です。

若い時から老後の生活について考えている人は悩まずに暮らせるのでしょう。普通は考えてはいても何とか成るのでは、で終わっているのでは無いかと思います。

自営業で暮していた為、年金にも入っていません仕事が出来なくなれば収入も無くやはり考えざる負えません。魔法のランプが在るとすれば第一のお願いはお金が欲しいという事です。

ちなみに60代で300万円未満の貯蓄は可なり多いそうです。富裕層で幾らでもお金が在る人でも寝たきりではどうしようも無いですし、夫婦2人で40年生活すると約1億5千万程掛かるそうです。

とても無理な話で考えれば考える程悩まずには要られません。現実に今からお金を貯めても限界が在りますよね。

ヨガをやってみたいけれど自己流は難しい

ヨガに興味を持ったきっかけはヒクソン・グレイシーです。ヒクソンは世界的に有名な格闘家で日本の有名な格闘家も彼に敗れています。その彼の強さの秘訣はヨガにある、というのが一時期の格闘技ファンの共通認識でした。

それまでヨガというのは精神的なものであって、いわば禅のようなものだと思っていました。やるよりやった方がいいのだろうけど、やるとなるとちょっとめんどうという認識です。

しかし、ヒクソンが示したのはヨガはフィジカルにも効果があるという可能性です。その他の健康維持のためのものよりもよっぽど信頼できると思いました。

それから20年近くがたちました。学生の頃は身体にいいんだなで終わっていたものが、現実をともなって気になる年齢となりました。そうなってくると脳裏によぎるのはヨガです。

そろそろヨガを始めるべきなんじゃないだろうか、という思いが日に日に増しています。しかし、実際にヨガを始めるつもりになって調べだすとなかなか難しいものでした。

まず、ヨガの方向性。あまり神秘に走りすぎていても困ります。精神が肉体に影響を与えるのはわかりますが、やはりヨガの身体を動かす部分に興味があるのです。とはいえ、あまりにスポーツジムのようになっているのも抵抗があります。

やってない人間が言うのもなんですが、若い女性が多くいて音楽と共にヨガマットでエクササイズ、というのはいい運動であってヨガではない気がします。

次に、場所と時間。毎日とはいかなくても、ある程度の回数を通える距離にないと続かない気がします。熟練すれば家で一人でやることも可能でしょうが、最初は週に何回か通いたいところです。そうなると平日の夜もそれなりに開いているところが理想です。

方向性と場所と時間の問題から、本を買って一人でやってみました。NHKのヨガ番組などもチェックしています。しかし、これがなかなか上手くいきません。自分でやってもフォームがあっているのかさっぱりわからないのです。また、いくつかのフォームは間違った姿勢でやりつづけると身体を痛めそうで不安です。

どこかにいいヨガ教室がないかな、という思いが今もくすぶっています。私の地元の仙台にはたくさんおヨガ教室があるみたいなので、とりあえず通いやすいところから体験に行ってみようかと思っています。

宮城県仙台市のホットヨガ教室※安い・初心者OKのスタジオは?